FC2ブログ

も迅速にシコれるわ

熟女動画総数人妻・熟女無料動画: 掲載中

ゴーゴーズ
ビッグモーカル
タカラ映像
パラダイステレビ
パコパコママ
センタービレッジ
ホットエンターテイメント
人妻斬り
プラネットプラス
スターパラダイス
SODクリエイト
一本道
MBM
ルビー
舞ワイフ
熟女専科
プラム
熟蜜のヒミツ
E★人妻DX
マザー
エッチな0930
人妻援護会
FAプロ
小林興業
FC2
LEO
ネクストイレブン
ラハイナ東海
美麗熟女
ボレロ&マーラー
天然むすめ
アカデミック
プレステージ
マーキュリー
ヒビノ
東京音光
シックスナイン
ナチュラルハイ
きらきらワイフ
これぞ!素人
黒蜜
東京不倫
JYUKURICH
KANBi
赫夜姫映像

年代別

二十代

二十路

三十代

三十路

四十代

四十路

五十代

五十路

六十代

六十路

七十代

七十路

たびじ 母と子のふたり旅~葵百合香

画像タップで拡大表示

実家を離れて数年。一人暮らしをしていた。会社から健康診断へ行けと言われ受けた結果、胃の辺りに影が見つかった。突然のことでパニックになったが、母親に最後の親孝行をと温泉旅行へと招待した。楽しそうな母の姿に喜んだが、これが最後かと思うと気が重くなっていった。食事を頂きながらお酒が進む。酔っ払った母を抱え布団へと。その時はだけた胸元。私は思い切って抱きついたが母に諌められ外へ出て行った。数分後、私のそばに母が現れ、好きにしていいよと言ってくれて…。

たびじ 母と子のふたり旅~よしい美希

画像タップで拡大表示

母に結婚の報告と日頃の労いの為、温泉宿を予約したが、旅行の数日前に彼女と別れてしまった。楽しいはずの旅行だが私の気持ちは沈んだままだった。母が心配そうにしているが私は彼女を忘れようと酒を煽った。酔った私は母を彼女だと思い襲ってしまっていた。はっと気が付いた私と母の間には気まずい空気が流れていた。翌朝、私はひとり温泉へと向かった。すると母が恥ずかしそうに入ってきた。そして大きくなっている私の下半身を優しく掴むと、そのままじゃ辛いでしょと優しくしごき始めた…。

たびじ 母と子のふたり旅~佐倉由美子

画像タップで拡大表示

東京の大学に通うため上京した息子と夏休みに久しぶりに温泉旅行に来た由美子。実は息子の上京後、由美子の夫の浮気が発覚し夫婦仲は一気に冷え切ってしまった。もはや夫婦の体を成しておらず、離婚まで秒読み段階、今回の旅行はそのことを息子に伝えるためのものだった。旅のさなか、離婚のことを伝える由美子。母が誰のものでもなくなったことを知った息子は異性として母を求め…。

たびじ 母と子のふたり旅~翔田千里

画像タップで拡大表示

早くに夫を亡くし女手ひとつで育てた息子が今度結婚する。その前にと母子二人で温泉旅行でもという事になった。立派に育った息子の姿に千里は亡き夫の姿を重ねていた。温泉に入り食事を頂く、母子での旅行はこれで最後かななどと思いながら楽しい時間は過ぎて行き、就寝した。深夜、息子の寝相の悪さに起こされてしまった私。もう、と思いながら息子の布団を掛け直そうとした。浴衣がはだけ下半身丸出しの息子のアレが私の目に飛び込んできた。亡き夫のモノと瓜二つ、半勃起したモノに私は夢中でしゃぶり付いていた。我慢できなかった。気がつくと息子の上に跨り久しぶりの感覚を味わっていた…。

たびじ 母と子のふたり旅~平岡里枝子

画像タップで拡大表示

息子に温泉旅行へ誘われた母、里枝子。仕事一筋の夫と結婚してからは一度もなかった為、嬉しくて仕方がなかった。良さそうな旅館へと到着した二人は早速温泉へ向かう。爽やかな日差しの中、里枝子は露天風呂を堪能していた。一方息子は里枝子のことを母親以上に思っており、この旅で秘めた思いを打ち明けようと思っていた。夕食、宿の料理とお酒に上機嫌な母。浴衣の裾から見える母の肢体に息子は我慢できなくなり里枝子を襲ってしまう。自己嫌悪に落ちる息子。里枝子はしばらく放心していた。暫くして里枝子は寂しそうな息子を見つけ部屋に戻った。息子の横顔を見つめる里枝子だったが、息子と目が合うとごめんと言い、息子を抱きしめキスしてしまっていた…。

たびじ 母と子のふたり旅~美原すみれ

画像タップで拡大表示

息子に温泉旅行へ誘われた母すみれ。温泉嫌いな夫と結婚してからは一度もなかった為、嬉しくて仕方がなかった。良さそうな旅館へと到着した二人は早速温泉へ向かう。爽やかな日差しの中すみれは露天風呂を堪能していた。その姿をこっそり覗き見る影。なんと息子がすみれの入浴を覗いていた。その夜、息子は母を癒すべくマッサージを行う。母の体に触れるたび秘めた思いに張り裂けそうになる息子。深夜、静かに寝息を立てる母。息子は我慢の限界に達しており、そっと母の布団をめくると、浴衣から覗く母の体を弄り始めた。体に違和感を感じ目を開ける母。驚き、やめなさいと息子に言うが、無理やりにキスをされてしまうすみれ。息子から女性として好きだと、ずっと我慢しなければいけないのかと言われたすみれは、息子のことが愛おしくて仕方なくなり、好きにしていいわよと息子に体を差し出した…。

たびじ 母と子のふたり旅~成宮いろは

画像タップで拡大表示

父を亡くし、女手一つで育ててくれた母を労う為、温泉旅館へと招待した。温泉へ浸かり、用意された食事に喜ぶ母。息子は母をもっと癒すべくマッサージをし始めた。少しの沈黙の後、母は今付き合っている男性がいる事を息子に告げた。息子は母の告白に頭が割れんばかりの衝撃を受けた。深夜、母は熟睡しているが、息子は寝付けずにいた。今までの母との思い出が頭をよぎる。そして母を取られるくらいならと、母の布団を捲り体を弄り始めた。目が覚めた母は息子の奇行に驚いたが、男の力には勝てず、息子を受け入れ、自らも絶頂へ達してしまうのであった…。

たびじ 叔母と過ごした夏~大嶋しのぶ46歳

画像タップで拡大表示

叔母・大嶋しのぶの家にやった来た、大学生の正彦。彼は、半年前に未亡人となった叔母の事を心配していた。しかし、美人で気丈なしのぶに対しに思いがけない感情を持ってしまい、次第に惹かれていった。彼の中で、夏の「終わりの、始まり」が幕を開けた瞬間だった。そして、しのぶもまた、逞しくて優しく成長した正彦に自然に惹かれていった。互いの気持ちが複雑に交錯しつつも、激しくも濃密な時間を過ごす事となった二人の結末は…。

たびじ 上司と部下~結城みさ

画像タップで拡大表示

ベンチに座りみさが携帯で電話をしながらパソコンのキーボードを叩く。そして、みさの部下が、彼女の後ろに立っている。電話対応をしているみさとは対照的に、その間も後ろで手持ちぶさで困った様子。「えっ?…ちょっと待って下さい…。」みさは、ペンのジェスチャーをするがそれがわからない様子。「書くものよ!!」慌てたようにポケットを弄るが、「その胸元のポケットに挿しているのは何?」彼は慌てた様子で気が付き、みさに自分の胸元のポケットからペンをだし、差し出す。溜息混じりにペンを受け取るみさ。「はぃ…。すいません、お願いします。彼女が、課長になって初めての仕事は、新しいライフスタイルの確立というテーマだった。ただ、私には、他に心配な事があった。でもこの部下に、私は…。意味深な心の呟き。上司と部下という関係を超え始めようとしていた頃の出来事なのだが…。

たびじ 母と子~真弓あずさ48歳

画像タップで拡大表示

風光明媚な場所で、母・真弓あずさが一人で佇んでいる。風景を眺めながら、意味深に物思いにふけている。そして、高速道路のパーキングで、何かを思い出したのか、カバンの中をガザゴソと探している。そこに、息子・秀一がやって来る。息子・秀一が十歳を迎える前に旦那が亡くなって、それ以来息子の幸せが自分の幸せと思いながら、女手一つで秀一を育て上げた。今日は、親子二人、水入らずの旅行の日だった。立派に成人し、男らしく運転する息子の横顔を見ながら、優しい笑顔で楽しそうにしていた。