FC2ブログ

も迅速にシコれるわ

熟女動画総数人妻・熟女無料動画: 掲載中

ゴーゴーズ
ビッグモーカル
タカラ映像
パラダイステレビ
パコパコママ
センタービレッジ
ホットエンターテイメント
人妻斬り
プラネットプラス
スターパラダイス
SODクリエイト
一本道
MBM
ルビー
舞ワイフ
熟女専科
プラム
熟蜜のヒミツ
E★人妻DX
マザー
エッチな0930
人妻援護会
FAプロ
小林興業
FC2
LEO
ネクストイレブン
ラハイナ東海
美麗熟女
ボレロ&マーラー
天然むすめ
アカデミック
プレステージ
マーキュリー
ヒビノ
東京音光
シックスナイン
ナチュラルハイ
きらきらワイフ
これぞ!素人
黒蜜
東京不倫
JYUKURICH
KANBi
赫夜姫映像

年代別

二十代

二十路

三十代

三十路

四十代

四十路

五十代

五十路

六十代

六十路

七十代

七十路

うちの妻・M和(24)を寝取ってください13~M和24歳

画像タップで拡大表示

羞恥心と背徳感…葛藤する人妻は夫の寝取られ願望を叶えられるのか。妻とハメ撮りして、その全てを見せて欲しい…。スワッピング愛好サークルを主催する男に持ちかけられた「寝取られ」の依頼。今回の相手はM和(24歳)、結婚2年目、子供無し。夫に頼まれ携帯電話を通話状態にしたまま男に抱かれる人妻。快感が高まってくると電話を手放し、腰をカクカクさせ快楽に没頭する。男根を受け入れた人妻は騎乗位で人が変わったように腰を振り出す。後日再び男に抱かれに来た人妻は玩具で責められ我を忘れて乱れる。

憧れの女上司と 日向万里子

画像タップで拡大表示

仕事が出来て美人な女上司・日向さん。だけど僕には当たりがキツく、今日もまた怒られてしまった。でも、時折見せる笑顔にちょっとだけドキッとしてしまう。いつものように二人で残業。なんとかひと段落ついた所で日向さんがお酒をご馳走してくれた。静かなオフィスで僕と日向さんとでお酒を飲む。気づいたら日向さんは寝てしまっていた。少しはだけたブラウスから、はみ出しそうな胸が見えた。つい勃起してしまったが、酔ってしまった僕も瞼が重くなってきて…。

憧れの女上司と 武藤あやか

画像タップで拡大表示

今月は恒例の残業の多い月…でもそんな僕の隣には憧れの武藤さんが…やっとこさ仕事も片付いたが今日も当たり前に終電が無い…何故か話の流れで会社で飲む事に…酔って寝てしまう武藤さんに堪らず触ってしまう僕…それから気まずい時間を過ごして、また今日も残業…え?今日も会社で飲むんですか?

憧れの女上司と 八木あずさ

画像タップで拡大表示

厳しくも優しく指導してくれる上司八木さん、僕は憧れとほのかな恋心を抱いていた。ある日僕が体調不良で休んでしまった時、八木さんが心配してお見舞いに来てくれて…あづさは部下についた彼を厳しく指導している。真面目で間違いも素直に認め頑張る彼を一人前に育てる為。だが、たまに見せる表情や、つい目に入ってしまうあずさの胸を見てしまって戸惑う姿を見ていると愛おしく感じてしまっていた。ある日、彼が体調不良で休んだ。あずさは仕事が手につかず、思い切って彼の部屋へとお見舞いに出かけた。辛そうに寝ている彼を介抱していると、彼はあずさの手を握りありがとうございますと言った。彼に言葉にの胸は高まり、今にも押し倒してしまいたい衝動に駆られ、自身の痴部が疼くのを感じた。あずさはそっと部屋を出ると、スカートをたくし上げた。恥ずかしい程濡れている下着に指を這わせると、彼との行為を妄想してしまった…

憧れの女上司と 一ノ瀬あやめ

画像タップで拡大表示

男顔負けヤリ手な女上司一ノ瀬さん。仕事に厳しく、僕はいつも怒られてばっかり。周りの同僚はそんな僕に憐れみの眼差しを送ってくる。でもたまに見せる笑顔が素敵で、僕は一ノ瀬さんが大好きだった。今日もプレゼンに失敗してしまい一ノ瀬さんから叱責され、ひとり残業していた。仕事が行き詰まり、息抜きを兼ねてこっそりと撮った写メを眺めているうちに寝てしまっていた。そして改めて再プレゼン。取引先との取引も上手く行き、一ノ瀬さんと僕は打ち上げに。お酒が進み、一ノ瀬さんは自宅で飲みなおそうと僕を招待してくれた。酔った彼女が少し潤んだ瞳で僕を見つめる。僕は堪らず彼女をベッドに押し倒した。酔った勢いとはいえ怒られるかもと思ったが、彼女は静かに瞳を閉じた。僕は今までの思いをぶつけるように彼女を抱いた。指で、舌で、カラダの全てを使い彼女を感じ、彼女も全て受け止めてくれた。夢のような時間を味わいながら僕は眠った。次の日、僕は頬に感じる暖かさで目を覚ました。寝ぼけ眼の僕に一ノ瀬さんはおはようと微笑み、優しくキスをしてくれた…。

憧れの女上司と 黒川すみれ

画像タップで拡大表示

今でも思い出す。新入社員の頃、上司として紹介されたのが、黒川すみれさんだった。凛として颯爽と歩く彼女に一瞬で心を奪われ、いつかあの人と同じ仕事がしてみたいと思っていた。あれから数年後。新プロジェクトに配属された私は、リーダーが黒川さんと言う事で張り切っていた。商談も上手くいき、後一歩の所で企画が頓挫した。リーダーである黒川さんの苛立ちは凄く、私は深夜彼女に呼び出された。既に酔っている彼女から聞かされたプロジェクトの中止、いつも気丈な彼女の落ち込みに私は酒を煽ると、思いつく限りの褒め言葉を並べ、彼女を励まし、勢いに任せ、好きですと告白してしまっていた…

憧れの女上司と 平岡里枝子

画像タップで拡大表示

姉のように優しく母のように厳しく僕を指導してくれる上司平岡さん。僕はそんな平岡さんに淡い恋心を抱いていた。ある日地方出張へ平岡さんと二人で行くことになった。商談は順調に進み、後は帰るだけとなったが、電車が動かず、仕方なく僕達は宿を探すことになった。やっと見つけた宿は1部屋しか空いておらず、相部屋となってしまった。宿が用意してくれた夕食を頂きながら平岡さんと話しをする。お酒も入ったことで僕は玉砕覚悟で平岡さんに告白してしまった。困った顔の彼女も素敵で僕は彼女を抱きしめ口付けし、僕達は結ばれた。お風呂から上がり、浴衣姿の理恵子さんがお酒を勧めてくれた。そろそろ寝ようと寝床に入ると理恵子さんが潤んだ瞳で見つめていた。彼女は僕の布団に潜り込むと、僕に悪戯をし始め、僕達は再び肌を重ねた。翌朝、僕は理恵子のキスで目が覚めた。昨日の事が夢でないと実感しつつ、幸せな気持ちで理恵子を抱きしめていた…

憧れの女上司と 伊東沙蘭

画像タップで拡大表示

厳しい上司と噂の伊東さんと二人で出張となった。同僚はあの人怒らせると怖いぞとか言っていたが、僕からすると筋の通った上司、憧れの人だった。商談も上手く行き大口契約も取れたが、帰りの電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は伊東さんと一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく伊東さんに僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は伊東さんを抱きしめていた。伊東さんは驚き、少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄り合い二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求め合った…。

憧れの女上司と 並木塔子

画像タップで拡大表示

お姉さんのように優しく厳しく僕を指導してくれる上司・並木塔子さん。僕はそんな並木さんに淡い恋心を抱いていた。ある日地方出張へ並木さんと二人で行くことになった。商談は順調に進み、後は帰るだけとなったが、電車が動かず、仕方なく僕達は宿を探すことになった。やっと見つけた宿は1部屋しか空いておらず、相部屋となってしまった。宿が用意してくれた夕食を頂きながら並木さんと話しをする。お酒も入ったことで僕は玉砕覚悟で並木さんに告白してしまった。困った顔の彼女も素敵で僕は彼女を抱きしめ口付けし、僕達は結ばれた。お風呂から上がり、浴衣姿の塔子さんがお酒を勧めてくれた。そろそろ寝ようと寝床に入ると塔子さんが潤んだ瞳で見つめていた。彼女は僕の布団に潜り込むと、僕に悪戯をし始め、僕達は再び肌を重ねた。翌朝、僕は塔子さんのキスで目が覚めた。昨日の事が夢でないと実感しつつ、幸せな気持ちで塔子を抱きしめていた…。身支度を整え宿を後にする。塔子さんは自然に僕の手を握り、僕もぎゅっと握り返した。塔子さんは会社で見せていた笑顔とは違う微笑みで僕を見つめ、僕は幸せをかみしめていた…。

憧れの女上司と よりぬきスーパーベスト8時間

画像タップで拡大表示

厳しく、優しく、そして美しい、憧れの女上司。ひょんなことから一夜を共にすることになってしまって、まさか彼女と男女の関係になれるなんて思いもよらなかった。そして彼女は僕のデカチンの虜になったんだ。